竹藤の店舗(無料の資料館)

築177年
現在の竹藤は、老夫婦での営業中
重い、蔀戸を開けるのも雪障子戸を出すのも大変なので、最近は、雪障子を半分しか出していません💦
震災後、店内の所々に補強材を足しましたが、今も変わらず江戸時代のままの雰囲気です
店内、あちこちに博物館のように古いものが残されています
竹藤にいらっしゃったら、是非、探索してみてください
ばってんの部分は、震災後に補強されました
電球の傘も昔のものです
今は、使われていませんが、竹藤店内に古い電気の配線も残されています
2階のこたつおとしは、店の2ヶ所あります
しとみ戸にある、潜り戸
店が閉まったときは、ここから出入りしていました
4年前に、この部分の重いしとみ戸を開けるのが限界になってきた両親
この中央部分のみ夜は、シャッターを利用していますが他にも5ヶ所のしとみ戸は、今も開け閉めしています
古いこんなものも、ありました
帳場と机と道具箱
この3点セットが珍しいらしいです。
江戸時代から使っている?そろばん

竿秤(さおばかり)
穴あけ機
火おこしと、同じ仕組みです
現在、厨房前に竹の加工道具として、移動して展示してあります。
古い臼 たくさんあります
壊れていますが💦古い甘酒がめ
竹の節抜き、と
電球の傘
竹の四ツ割機
現在、厨房前に竹の加工道具として飾られています。
野郎畳
座敷と違って、江戸時代は店には、へりのない畳を利用してしました
30年前くらい前に作り直しましたが、そのときに『野郎畳を作る職人さんは、この先もう、いないだろう』
と言われました
1年中開いたままの店なので、また張り替えなければ…
技術の進歩で、近年、野郎畳を作ってくれる店も逆に増えた?とか?いう話を聞きました
竹藤に過去帳も、いくつか残されています
竹藤店内に過去帳のコピーもたくさんあります
その中の1部
東山の慶山焼との、取り引きについて?書かれているらしいです
今の慶山焼(復興)より、古い時代のもので慶山焼にも記録がないそうです
一之町の由来も貼られています
間違えても書き直さないところが父らしい😓

竹藤・たけとう茶屋

天保12年(1841年) 会津最古の商業建築『竹藤』  城下町会津で江戸時代、武士町人が行き交う一番繁華街であった、一之町(現在中央一丁目)  会津の中心に当時のままの姿で、竹細工、土産物などを販売しています  会津唐人凧の店としても有名です 2020年5月 これまでの店だけでなく母屋を利用したたけとう茶屋がオープしました‼ 竹問屋時代の店舗と母屋 若松の商家、歴史資料スペースも現在準備中です

0コメント

  • 1000 / 1000