登録有形文化財に認定されました

7月に国の登録有形文化財の認定をいただきまきました。

それがきっかけでマスコミにも『竹藤』の現状を知っていただくきっかけになり、新聞やテレビで次々と紹介されています。
認定発表の前日に記者クラブに呼ばれました。
その時に同席した、まちづくり会津の会頭、澁川恵男さんが
『戊辰戦争に敗れ、古里を追われた
士に代わり、会津の戦後の復興を担ってきたのは、商人だ。今後、残された商家と連携してバスツアーなども考えています。』
と話されたことでも話題になっています。
観光面では、武士のイメージが強い会津ですが、今後商家も歴史も伝えて行く方向になっています。
幕末の建物とその時代の古文書が残されている『竹藤』
今後、城下町会津の商家の暮らしが伝えられる空間として、母屋もカフェなどに使用していきたいと思います。







竹藤・たけとう茶屋

天保12年(1841年) 会津最古の商業建築『竹藤』  城下町会津で江戸時代、武士町人が行き交う一番繁華街であった、一之町(現在中央一丁目)  会津の中心に当時のままの姿で、竹細工、土産物などを販売しています  会津唐人凧の店としても有名です 2020年5月 これまでの店だけでなく母屋を利用したたけとう茶屋がオープしました‼ 竹問屋時代の店舗と母屋 若松の商家、歴史資料スペースも現在準備中です

0コメント

  • 1000 / 1000