ゴールデンウィーク特別企画

竹藤は、ゴールデンウィーク中、品揃えをアップして、お待ちしています。
風車、唐人凧の体験も通常3日前要予約のですが、様子をみて手が空いていれば予約なしで、受付致します。

風車体験、900円
玉編みをしてから、お好きな柄の紙をはり、棒をつけて、仕上げます。
所要時間30分~1時間
唐人凧体験 1200円
状況をみて、手が空いている時のみ対応します。
30分から1時間
竹藤の前掛けバック。
竹藤のレトロな前掛けを使用した、バックです。
裏と中にファスナーのついた大きなポケットがあって、使いやすくなっています。
アトリエカラスさんデザインの、手書きの赤ベコと起き上がり小法師です。
東京でも人気のデザイナーさんが会津にお嫁に来て、会津とコラボした大人気の素敵な作品です。
父が復活させた、竹藤の1品といったら、これ『會津唐人凧』
八重の桜でも父の作った凧が使用され、現場まで足を運びました。
税込み750円~2200円の品を用意しています。
あいづ木綿のくるみボタンを利用した、髪留めと、赤べことくるみボタンのストラップ
掘り出し物。今は、貴重となった、40~50年前の繊細な作りの組み木です。
アンティーク品ともいえる品です。
大人も子供も楽しめる、気の温もりある知育玩具です。
飛行機、戦車、ピストル、ボールの4種類あります。
1800円で販売します。

・母の作った会津木綿製品。
アームカバーは、お菓子教室の生徒さんにも好評で、たくさん買って頂いていました。
・お手玉は、小豆入りなので昔ながらのしっとり程よく、付きやすさが好評です。
・小物入れ用のポーチもあります。
こちらも、アンティークに近い40年~50代の品です。
当時の会津を代表するアケビ細工職人。故加藤茂吉さんの作品
当時から高価だった、加藤茂吉さんの作品。展示会などの1点ものの作品なども父が買い取って仕入れていて、売らずにしまっておいたそうです。
8000円~で販売します。

竹藤・たけとう茶屋

天保12年(1841年) 会津最古の商業建築『竹藤』  城下町会津で江戸時代、武士町人が行き交う一番繁華街であった、一之町(現在中央一丁目)  会津の中心に当時のままの姿で、竹細工、土産物などを販売しています  会津唐人凧の店としても有名です 2020年5月 これまでの店だけでなく母屋を利用したたけとう茶屋がオープしました‼ 竹問屋時代の店舗と母屋 若松の商家、歴史資料スペースも現在準備中です

0コメント

  • 1000 / 1000